リヤエンジン・リヤドライブ

リヤエンジン・リヤドライブはなぜ乗用車に選ばれにくいのか

整備性の問題


RR(リヤエンジン・リヤドライブ)は、車体の後方にエンジンが搭載されていて後輪を駆動する方式です。
現在は、このエンジン方式を採用している乗用車は殆どありません。
主な特徴に、前輪で方向を変えて、後輪が駆動することで前後輪で役割を分担するので効率が良く、高い馬力にも対応出来ます。

また、フロントにエンジンがないので回頭性に優れていて、フロントを低めに出来ます。
後輪にはトラクションがかかりやすいので急な上り坂などにも強く、ブレーキには4輪に荷重が平均してかかるので安定しています。

しかし、RR(リヤエンジン・リヤドライブにはデメリットも多いです。
曲がるときにオーバーステアになることが多いので、初心者には向いていません。
また、エンジンが後ろにあるのでトランクスペースが狭く、高速で走ったときには安定性が悪くなります。
そのため、中級から上級者向けになります。

他にも、シフトレバーやアクセル、ブレーキ、クラッチなどの配管が長くなりフィーリングが悪くなり、整備するときも難しいです。
トランクルームにエンジンを載せているので、室内空間は広くなりますが、トランクルームには他のブレーキや操縦、冷却装置などがあるので狭くなります。
現在は、一部のスポーツカーにだけ採用されていて、日本車では見かけることはなくなりました。


コメントを受け付けておりません。