リヤエンジン・リヤドライブ

リヤエンジン・リヤドライブはなぜ乗用車に選ばれにくいのか

整備性の問題


RR(リヤエンジン・リヤドライブ)は、車体の後方にエンジンが搭載されていて後輪を駆動する方式です。
現在は、このエンジン方式を採用している乗用車は殆どありません。
主な特徴に、前輪で方向を変えて、後輪が駆動することで前後輪で役割を分担するので効率が良く、高い馬力にも対応出来ます。

また、フロントにエンジンがないので回頭性に優れていて、フロントを低めに出来ます。
後輪にはトラクションがかかりやすいので急な上り坂などにも強く、ブレーキには4輪に荷重が平均してかかるので安定しています。

しかし、RR(リヤエンジン・リヤドライブにはデメリットも多いです。
曲がるときにオーバーステアになることが多いので、初心者には向いていません。
また、エンジンが後ろにあるのでトランクスペースが狭く、高速で走ったときには安定性が悪くなります。
そのため、中級から上級者向けになります。

他にも、シフトレバーやアクセル、ブレーキ、クラッチなどの配管が長くなりフィーリングが悪くなり、整備するときも難しいです。
トランクルームにエンジンを載せているので、室内空間は広くなりますが、トランクルームには他のブレーキや操縦、冷却装置などがあるので狭くなります。
現在は、一部のスポーツカーにだけ採用されていて、日本車では見かけることはなくなりました。


高速走行の安定性


自動車における大きな分類としてエンジンの位置による分類を行うことができます。3
自動車における非常に重量のあるエンジンの位置及び駆動軸の位置により、それぞれに車の運転特性の違いが出てきます。
エンジン位置での分類としては大きく3分類に分けることができます。
エンジンルームが車前方にあるFF(一番オーソドックスな形)、中央部に位置するMR、そして後方に位置するRR二分することができます。

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)の特徴としては、重力が後方にあるため、自動車の発進時において非常に安定していることが挙げられます。また、後方に配したことで前輪の操縦性を確保しながら、室内空間を広くすることができることも大きな特徴です。
が、RR(リヤエンジン・リヤドライブ)の一番のデメリットは、重量のあるエンジンが最後部ということで、高速運転時における安定性が非常に悪く、このエンジン配置を採用している自家用車が現在、車種としては少ない所以にもなっています。
ただ、大型バスなどでは、エンジンが後方、下部になるこの配置は、室内空間の静粛性を確保向上するに当たり、非常に有効であることからRRの駆動方式が多く採用されています。


デメリットとは


RR(リヤエンジン・リヤドライブ)とは車の後輪の車軸よりも後ろにエンジンを搭載するとともに、駆動輪も後輪にしている車です。前にエンジンを置くのと比較して運転席を低く保ったまま、車内のスペースを広く確保できるという特徴があります。この特性を生かしているのが大型バスです。

しかしいいことばかりではなくデメリットも存在します。まず製造コストが高くなることがあげられます。エンジンが後方にあるため、エンジンに走行風が当りにくく、冷却装置をどうするか考える必要があります。エンジンの熱と振動が後席に伝わりやすいのも弱点であり、高速走行時の安定性が悪いのも大きな欠点です。

RRにしようとするとどうしても車の重量は後方に集中してしまいます。すると高速走行時には前輪への荷重が不足してしまい、前輪の接地性が低下してしまうのです。そのため乗用車ではほとんど採用されない駆動方式です。

またメンテナンスをするときも難しいです。メンテナンスの内容によってはエンジンを取り外す必要がある場合もあり、整備費が高くついてしまう場合があります。

このような弱点があるため乗用車ではあまり採用されないのですが、バスの場合はスポーツ走行を考える必要がないこと、運転席とホイールベース間の低床化が可能になること、プロペラシャフトが必要ないことなどの理由からRRのほうが適している場合もあります。


静かなエンジン音


リヤエンジン・リヤドライブの車にはいくつかのメリットがありますが、その代表的な物となるのが走行時のエンジン音が静かであるということです。
自動車は走行時に音を立てるものですが、走行時の音を立てる大きな原因となっているのはエンジンです。
エンジンが動くとそれだけで大きな音を立てますから、これが原因となってドライバーは走行時の音を感じるようになっています。
自動車愛好家ダトエンジンの音がたまらなく好きだと言う人も少なくはないのですが、日常使用をメインにするのであれば、そうした騒音は少ないに越したことがありません。
この点において車体後部にエンジンが搭載され、またその動力が後輪に伝えられることによって走行するRR車の場合、ドライバーと音源までの距離はFF車と比べて長くなります。
そして走行中だとドライバーの後ろで発生した音は前方に響くのではなく、後方に置いていかれる形になりますから、騒音に関してはかなり軽減することが出来るのです。
これはエンジンを後方に積んでいて初めて実現することが出来るものであるため、RR車の静音性に関しては他の自動車とは比べ物にならないほど優れたものがあると言えるようになったのです。


発進・ブレーキの安定性


クルマが発進する時、フロントにエンジンを積んだクルマだと、フロント部分が重いことによって、荷重が前にかかってしまいます。これは何を意味するかと言うと、後輪が進もうとしているのに、重いフロントのせいでブレーキがかかっている状態になっているということになります。これではクルマのパワーを無駄にしてしまいます。そこで、よりスポーティーな車種では、エンジンをリアに搭載しているのです。リアに重いエンジンがあることで、発進する際にリアに荷重がかかってトラクションがかかりやすい状態になります。つまりエンジンのパワーを無駄にしないレイアウト方式なのが、RRやMRといったエンジンレイアウトになるのです。さらに、ブレーキングの時には、リアにエンジンがあることで重いリアに荷重がかかって、より止まりやすくなり、安定性も増します。フロントエンジンでリアドライブのクルマに比べると、発進時もブレーキング時も後輪にトラクションがかかりやすい分、RRのクルマは安定するのです。それはつまり、スポーツ走行に向いているということに他なりません。よりスポーティーな走りが可能で、しかもトルクフルでグリッピングの良い走りが実現するのがRR車の最大のメリットになります。


メリットとは


RRは、後輪車軸より後方にエンジンを配置し、後輪を駆動させるエンジンレイアウトです。
レースにおいてリアエンジン後輪駆動は、車体後部にエンジンやトランスミッションなどの大部分の重量が集中させている為に、速度がますに連れてダウンフォースが不足する傾向があり、高速走行時や悪天候時にはフロントが不安定になる傾向があります。特に高速コーナーリング時には、車体後部に配されたエンジンなどの重量により車体後方部を外側へ押し出す力が発生し、加えてフロントから加重が逃げ易い車両特性の為にスピンし易い傾向があるとされています。
しかし、リアエンジン後輪駆動は、フロントエンジン前輪駆動と同様に駆動伝達部品が少なく小型で済む為に車重を軽減する事が出来、発進時には後部に搭載されたエンジンなど重量が駆動する後輪に掛かり、トラクションが非常に良いとされ、ホイルスピンが軽減されます。
日本の乗用車に多いフロントエンジンでブレーキをかけた場合は、フロントタイヤに荷重が偏る為に制動距離が伸びてしまいます。しかし、リアエンジン後輪駆動のブレーキ時には、荷重の掛かり難いとされる後輪タイヤにもバランス良く荷重が掛かる為に車体の姿勢が安定し、優れたブレーキ性能を発揮するメリットがあります。


床面積の広さ


リアエンジンは、自動車や航空機で貨客スペースよりも後ろにあるエンジンの形式です。
この形式だと、ドライブトレーンを後部に集中させて最小限に出来るので、軽量化と室内の床面積が広くとれます。
エンジンの重さを駆動輪にかけられるのでトラクションは上がりますが、Z軸から離れたリアオーバーハングに重量が集中するので、運動性や安定性が他のエンジンの形式の車に劣ります。
また、排気管長やマフラー容量が充分に取れないので、出力でも不利です。

乗用車には不向きですが、バスには適しています。
昔はボンネットにエンジンがありましたが、交通機関として使われるようになってからは輸送力の向上のために、ボンネットの横に運転席を設置して、後ろ全てを客室にしました。
車内が広くなり、それまでもよりも多くの客を乗せられるようになりました。
前にあったエンジンも後ろに移動しています。

現在は、他にも車体中央床下に水平式のエンジンを搭載した(ミッドシップレイアウト)というバスもありますが、こちらは床が低く設定されている車体には搭載が出来ないので、他の方法で設置する工夫がされています。
一般の乗用車には向いてないエンジン方式ですが、室内のスペースを広くとる必要があるバスには向いています。


操縦性と室内空間


自動車の駆動方式とエンジンの設置場所でいくつかのタイプがありますが、中でもRRは独特です。RRはリアにエンジン、ミッションを置くことで後輪駆動な車です。現在では一部のスポーツカーで採用されているだけになっていますが、車として利点と欠点がとても大きく出ると言われています。RRのメリットは前輪操作、後輪は動力を伝えると分けて考えられることです。RRは大馬力にも対応しやすく、また、前輪は操作だけなので回転性も高くなります。また、後ろにエンジンもあることで地面に力を入れやすく、登坂力が高いです。その反面、欠点としてあるのが操縦性の難しさと室内空間の狭さです。前輪で操作しますが、後ろからの強烈なトルクはハンドリングがオーバーステアになりやすく、上級者向けの車と言われています。また、エンジンやミッションが後ろにあることでシフトやブレーキなどの配管の取り回しが厳しくなることもあり、室内はとても狭くなります。現在RRで市販されている代表はポルシェですが、改善は加えられていますが、車幅の割に乗車スペースが狭いと言われています。RRは独特のハンドリングとパワフルな走行が楽しめるのでファンが多く、根強い人気となっています


特徴とは


自動車をエンジンの位置と駆動方式で分類すると5つのタイプに分かれます。FF,FR,MR,4WD、そして最も採用数が少ないと思われるRRです。これは、「リアエンジン・リアドライブ」のことです。同じ後輪駆動でも、FRの車はいわゆるスポーツタイプの車が多いことで知られますが、まずエンジンが後ろにある車自体、日本ではめったにお目にかかることはありません。では、この方式を採用する理由とは何でしょうか。
まず、このタイプの車は当然トランクスペースが狭くなります。そして、重量配分の関係でオーバーステアの傾向が強いので、運転の腕に自信がある人向けだということです。
良い点はというと、前輪は方向を決め、後輪は駆動と役割が分かれているので効率がよく、エンジンの高い馬力を生かすことができます。また、前にエンジンがないため、重くないので方向転換が機敏に行えます。そして、高い馬力の車は走行中にタイヤが空転することがあるので、エンジンを「おもり」としてタイヤを地面に押し付けて安定性を図っているのです。そして、この方式を採用している車の代表的な存在はポルシェ・カレラなのです。ポルシェのオーナーなら、トランクスペースの狭さなどは気にしないと思われます。