リヤエンジン・リヤドライブ

リヤエンジン・リヤドライブはなぜ乗用車に選ばれにくいのか

RR(リヤエンジン・リヤドライブ)はなぜ乗用車に選ばれにくいのか


デスク02RRとは、エンジンが後軸よりも後ろにあり後軸を駆動する方式です。
昔は小型車に使用されていましたが、現在は乗用車では殆ど使われてなくバスの駆動方式で使用されています。

主な特徴は、エンジンと駆動系が全てリアに集まっているので、重量バランスがリア寄りになり、駆動輪に荷重がかかりやすくトラクションのかかりが良いです。
そのため、ダートや雪道でスタックしにくく、リアが浮きにくいのでブレーキの時の安定もよいです。
部品の数が少ないので費用も少なく重量も軽くなります。

しかし、乗用車の駆動形式だと最も重いエンジンがシャン体の旋回中心から最も遠い位置になるので、ヨー慣性モーメント(クルマの回転運動に対する慣性の大きさを示す物理量)は大きなってしまいます。
そのため、前輪に荷重を乗せないとアンダーステアになり曲がれません。
また、オーバーステアが出ると収束が付きにくい上に、高速だとフロント荷重が抜けやすいのでますっぐ走りにくいです。

更に、エンジンに走行風が当たりにくいので冷却が難しく、排気管の取り回しが窮屈になります。
室内は広くとれますが、トランクは前にあり容量も少なくエンジンの熱と振動が、後ろの座席に伝わりやすいです。
ただ、バスは運転席とホイールベースの間の床が低く、プロペラシャフトが不要なので適しています。
他にも、フォークリフトやポルシェなどもこのエンジンです。